不況と言われ、経済状況が中々良くならない状況を打破すべく私にできることが何かないものかと日々考えております。業績を上げることは企業として当然ではございますが、その裏に従業員全員の多大な努力があったこと、お客様より嬉しくも弊社を信用して頂き御依頼を賜ることが出来たという二つの大きな事実があることをついつい忘れがちになっていることが多いと感じます。また、今後の企業の在り方を考えていきますと、既存の会社組織という概念に囚われずに上下関係のあるべき姿を根本から見直し刷新することで全員が一つのチームとして能動的かつ生産的なアクションを起こしやすい環境を整えることが私の責務だと感じております。お客様と一番近い場所にいる現場の従業員が一番動きやすい組織を整備していくことこそ、お客様の納得されるサービス提供に繋がるものであると信じて、お客様・従業員への感謝を片時も忘れることなく日々努力を重ねていきたいと思っております。ひいては我々の作り上げた企業としての組織構造が、未来の日本企業としてのスタンダードとして通用するレベルになるよう努力を惜しまない所存でございます。二代目として今後の弊社の発展及び社会に貢献すべく、全力を注いで参りますので今後とも弊社により一層の御愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

                                                        LaivE株式会社   代表取締役社長  藤本 晋士